人生が楽しめるようになってしまう生き方【武器としての書く技術:イケダハヤト氏】

webサイト運営

イケダハヤト氏の「武器としての書く技術」は、革新的な執筆技術が綴られていた。

ウェブやSNSの普及により情報が飽和する環境において埋もれない表現者となり読まれる文章を書く。それが「武器としての書く技術」だった。

そして、書き続けていく過程の中で、

「人生が楽しめるようになる」ということに着目した。

革新的な執筆技術は「現代の書く技術」

  • 1章 文章が残念な人の10の特徴
  • 2章 凡人の文章を最強の文章に変える10の魔法

以上の1.2章では、ウェブやSNSの普及により情報が飽和する環境の中で、読まれる文章を書くためのノウハウが詰め込まれている。

  • 残念その① 何が言いたいのかわからない
  • 残念その② 文章が長い 一文が長い
  • 残念その③ 同じ語尾が続く
  • 残念その④ 抽象的すぎる
  • 残念その⑤ 私的すぎる
  • 残念その⑥ 「〜だと思います」「〜な気がします」が多すぎる
  • 残念その⑦ 多方面に気を使いすぎて何が言いたいかわからない
  • 残念その⑧ まじめで優等生
  • 残念その⑨ 最後まで読まないと結論がわからない
  • 残念その⑩ そもそも内容がつまらない

1章では「残念な文章」を元に、具体例を出して解説している。この「残念な文章」に見られる特徴はかなり的確であり、自分自身かなり該当するため、目から鱗だった。

 

現代のアウトプットに欠かせない「武器としての書く技術」

「残念な文章」に該当してしまった瞬間、読者は最後まで読まずに離れていってしまう。

この現代の「アウトプット」では「武器としての書く技術」が必要だった。

「文章が残念な人の10の特徴」は序章に過ぎない、「凡人の文章を最強の文章に変える10の魔法」はまじで魔法。読まれる魔法、読ませる魔法。

そしてなにより、この「残念と魔法」は今から実践し改善していける内容であるということ。執筆のトレーニングをしていくことで改善できるのである。

 

人生が楽しめるようになってしまう生き方

イケダハヤト氏は月に40万字執筆している。1日に1万字。

恐らく、僕らが同じことをしようとするならば、執筆能力はさておき「ネタ」に尽きてしまうと思われる。

  • 3章 月40万字書き続けるぼくの12の秘密
  • 秘密その⑥ 目の「解像度」を高くしておく

解像度は日々の鍛錬によっても磨くことができます。ぼくは「今日一日の体験のなかで、ブログ記事にできそうなことは何だろう?」と、毎日自分に問いかけるようにしています。よくよく思い返してみると、以外と面白い切り口が見つかったりするんですよね。

鍛錬の結果、目に映るものすべてをネタとしてとらえれるようになれば、それあけで人生を楽しめるようになるでしょう。

「秘密その⑥ 目の「解像度」を高くしておく」では、ブログ記事を探す目の「解像度」を持っていると、人生を楽しめるようになると述べています。

どういうことでしょうか?

 

目に映る全てのものがネタとなり愛おしくなる

hanagex.com

「HANAGE WORKS」さんの「女医と肛門様」

www.hitode-festival.com

「今日はヒトデ祭りだぞ!」さんの「ウンコ我慢しながら仕事したら捗る! とか言ってた奴ちょっと出てこい」

なるほど!この人たちの毎日って、絶対ネタで光り輝いてるじゃん!

目の「解像度」を高くしておくと、人生が楽しめるようになってしまうってそういうことね!(ニュアンスは絶対違う)

といった形で、「武器としての書く技術」は、ぼくのアイアンバイブルになりそうです。

まとめ

・現代の読者に読まれるように魔法の執筆をする。

・日常がネタで溢れると幸せになれる。(下ネタはさらに幸せになれる)